Home - My account - Contact - Policy - Payment - Delivery - Terms - Blog - For Overseas Customers - Twitter

TOP > Detroit House / Techno

Detroit House / Techno

SOLDOUT

SOUND SIGNATUREからリリースされた、THEO PARRISHとのスプリット「1987 EP」収録の「China Trax」にやられた方は多いはず。それ以降全くリリースが無かった、謎多きLERON CARSONのトラックがまたもやSOUND SIGNATUREからリリース。87から88年にテープに録音された音源を、OMAR-Sがエンジニアを務めアナログ化。「China Trax」の未発表テイクも収録。MAD CHICAGO HOUSE。(2009)



SOLDOUT

宇宙人としての血が滾る名作。JEFF MILLSがFRITZ LANG監督1926年のドイツ発の無声SF映画「METROPOLIS」のサウンドトラックとして制作したトラック集のシングルカット。ノンビートのアンビエントトラックは勿論のことイーヴンキックのトラックにもハッとさせられる圧倒的な空間性を感じることができます。昨今のディープなミニマルやハウスを思考している方にも是非な盤。(2000)



SOLDOUT

デトロイトハウス黎明期からひたすらタフなハウスグルーヴを届けてくれるRICK WADE、自身のレーベルHarmonie Parkから1997年にリリースした音源をFUNKY CHOCOLATEが再発してくれました。これぞな荒々しい粒子飛び散るサンプリングループとタフなグルーヴ、彼のゲットースタイル溢れる4トラックです。(2002)


SOLDOUT

MARCELLUS PITTMAN, KENNY DIXON JR., RICK WILHITE, THEO PARRISH a.k.a 3 CHAIRS。セッション正式で繰り広げられる、噎せ返るようなグルーヴ。ビートダウングルーヴのアシッドハウス「demigods」で幕を開ける4トラック。クオンタイズを絶妙に利用した、躍動感のあるリズムとハイコントラストなサンプリングでエグみのある闇を作り出しています。「変わりゆく同じもの」リロイ・ジョーンズ。ブレのない存在感。(2013)


SOLDOUT

ビートダウン・ブラザーズがDetroit Beatdownという切り口でデトロイトで作られるハウスの復権に一役買ったコンピレーション「Detroit Beatdown (Volume One)」、この3枚組LPの存在は日本にデトロイトビートダウンというカテゴライズでデトロイトハウスが再び注目されたデカイ歴史に残るコンピ。ベテランの気持ちのこもったトラックス。(2002)


SOLDOUT

親レーベルはARISTAというFILTHレーベルからリリース、そしてRUSH HOURからも再発されましたね。こちらは初期KDJからリリースされたデトロイト印のマスタリングのオリジナル盤です。豪快なフィルター使いと執拗なサンプリングループでフロアをバウンスさせるデトロイトハウス古典。THEO PARRISH & MOODYMANN RMX。(1996)


1,800円(内税)


SOLDOUT

色気がある不機嫌な男MOODYMANNの4thアルバム「Silence In The Secret Garden」からの12inchカット。鈍器で殴られるようなベースラインとキック、蠱惑的なシンセやアコースティックの絶妙なバランスでグルーヴ。昼に針を落としても夜がくるような「Silence In The Secret Garden」。TERRENCE PARKERのレーベルから'95年にリリースした「Emotional Content」が収録されているのも、この盤のミソでしょうか。(2003)


SOLDOUT

KDJ - Untitled QUINCY JONESが担当したサントラ「Roots」からサンプリングしたMOODYMANN。後にANDRESもアンサーをリリースしますね。信頼のMIKE GRANTが主宰するMOODS & GROOVESクラシック。(2004)


SOLDOUT

CARL CRAIGがフックアップし、90年代後半に素晴らしいトラックをたくさんリリースしてくれたNick CalingaertことCOMMON FACTORのPLANET EデビューEP。アシッドハウスやサンプリングを交えたニューハウスのようなグルーヴ、そしてデトロイトテクノ影響下のシンセワークが同居した、ハイブリッドなハウストラック。こういうサウンドってなかなか出会えないんですよね。(1998)


SOLDOUT

CARL CRAIGがフックアップし、90年代後半に素晴らしいトラックをたくさんリリースしてくれたNick CalingaertことCOMMON FACTORのPLANET EデビューEP。アシッドハウスやサンプリングを交えたニューハウスのようなグルーヴ、そしてデトロイトテクノ影響下のシンセワークが同居した、ハイブリッドなハウストラック。こういうサウンドってなかなか出会えないんですよね。(1998)


SOLDOUT

椅子が追加された後のデトロイトハウスセッションユニット3 CHAIRS。Marcellus Pittman、Rick Wilhite、Kenny Dixon Jr、Theo Parrish それぞれが主導となる4トラックを収録。噎せ返るような漆黒のグルーヴ、黒塊を投げつけるようなサンプル・ループ、ハイコントラストな荒れを感じさせる歪ませた音像、まるでトラック越しに息遣いが聴こえて来そう。どぎつくも美しいトラックばかり。(2006)


SOLDOUT

NORMA JEAN BELLの歌声とサックスに子供の声や鳥の鳴き声がタイトル通りのイメージでコラージュされた「Sunday Morning」はKDJからのリリースとヴァージョン違い、猥雑さの中にも温かみのあるデトロイトハウス金字塔。MOODY TECHNO「Track Four」もお聴き逃しなく。(1998)


3,500円(内税)
URのテクノとジャズの蜜月、マシーンミュージックが歴史とフュージョンしたデトロイトテクノ金字塔。チャイ・タウンの3丁目26番地から発信されたマシーン・ビートが、ジャズを師と、ファンクをプリーチャーと仰ぐモーター・シティの深い闇の中、赤褐色のソウルと惑星Eの電磁波に進むべき道を示し、猥雑にデフォルメされたディスコ・ミュージックには宇宙よりホーリー・ゴーストが降り立つ。未だに語り継がれるあまりにも早すぎた1993年の出来事。(1993)


1,200円(内税)




1,300円(内税)
AサイドはDJ PIEEREのYVETTE名義92年リリース「Pump Me」のDERRICK MAYリミックス、Bサイドは808STATEのA GUY CALLED GERALDと、『M PEOPLE』名義で知られる『MIKE PICKERING』によるユニット『ANNETTE』の88年リリース「Dream 17」を収録。どちらも探すとなかなか見つからない盤なので是非とも。ちなみにオリジナルの「Pump Me」にはCHEZ DAMIERによるリミックスも収録されています(シンドウ)




■最近チェックした商品

viewcart

カートを見る

other contents

コンディション表記

Link

For Overseas Customers

About Mole Music

Map

Mole Distro



■発送について
12000円以上お買い上げで送料+手数料無料。詳しくはコチラをどうぞ。



■取り置きについて
通販と店頭引渡しの取り置きを始めました。取り置き開始から一ヶ月間の取り置きが可能です。送料や発送方法など、詳しくはコチラをどうぞ。



■新品 - 中古の表記について
新品の商品はタイトル横にマークが付いています。マークが付いていない商品は全て中古商品になります。中古商品のコンディションについてはコチラをどうぞ。



■クレジットカード決済について
通販でのクレジットカード決済が可能になりました。Visa、MasterCard、American Expressのロゴがあるすべてのクレジットカードに対応しています。詳しくはコチラをどうぞ。


FXHE OMAR-S

SEX TAGS

ACIDO

SUED

KLASSE

something

comatonse recordings

kdj moodymann

Underground Quality