Home - My account - Contact - Policy - Payment - Delivery - Terms - Blog - For Overseas Customers - Sweet

■検索結果
  ヒット件数:11315
検索条件 [カテゴリー]:指定なし  [検索文字]:指定なし

1,500円(内税)
Pavel Dego KostiukことDEGOによるブロークンビーツ。デトロイトテクノや未来派ジャズとの親和性が高かった伊のブロークンビーツレーベルARCHIVEからのリリース。屈折したブロークンビーツと暖かいアナログシンセやアコースティック、絶妙。モダンフュージョンとしての解釈もできますね。Bサイドには当時の西ロン代表選手だったALEX ATTIASの変名MUSTANGを収録。(1999)


2,500円(内税)
ニュージーランド移住前、デトロイト近郊で活動していたRECLOOSEによる2002年リリース。リリース上、最も内省的な表現となったであろう1stアルバム。この後、ニュージーランドに移住して作風が変わりますが、当店はこの1stアルバムとPLANET Eからの初期リリースを推し続けます。性癖です。20年経とうと、シーンが何周しようとも、先鋭は先鋭。リズムサイエンスの実験のおもしろさが詰まった名盤だと思います。(2002)


1,900円(内税)
デトロイトアンダーグラウンドを語る上ではずせない人物DJ BONE、SUBJECT DETROITでの活動はインディペンデントを語る上でもはずせません。そして、10年越しに彼のトラックが再解釈されているそうです。(7年前のコメント...特に変更ありません。)そんな潮流さえも無視して頑なに未来を目指して疾走するDJ BONEのテクノソウル。彼がいかにルーツやソウルにフォーカスして制作しているかはサウンドで伝わってきます。(2005)


1,500円(内税)
MIKE GRANTが主宰するMOODS & GROOVESレーベル。この方のトラックは全てチェックしたいDEMARKUS LEWISによるディープハウス 「The Love Lost EP」。画像は大好きな裏ラベルで。推薦盤(1995)


1,300円(内税)
Salo - Salo15
(2002)(Smooth T)


2,800円(内税)
シカゴ・アンダーグラウンドFLYレーベル。約三年の活動期間、ほとんどがSEX CLUBのリリースで幕を閉じた、あまり注目されないレーベルですが、今尚プレイできるディープなトラックは存在します。SUNDOWNERS 「Tribal Journey EP」。ハードハウス期にシカゴで生まれたUSとUKハイブリッド型のアーリー・ハウススタイル。掘れば、まだまだ出てきます。たまんない盤。(1995)


SOLDOUT

Freerange - FR017
(2001)(Smooth T)


2,000円(内税)
Junior Boy's Own - JBO25
(1994)(Smooth T)


1,400円(内税)
Seventh Sign - 7SR004
(2002)(Smooth T)


3,800円(内税)
Draft Recordings - DRAFT021
(2000)(Smooth T)


1,400円(内税)
Bolshevik - BL008
(2005)(Smooth T)


1,400円(内税)
DABRYE名義では痙攣ダウンビート、そしてJ.T.C.名義ではアシッドハウスをクリエイト、フレ幅広すぎなTadd Mullinixが主宰するBOPSIDEの第2弾は艶音ディープハウス。コレが格別な心地よい音のセレクト、パーカッションに添えてBRANDON MITCHELLが意気揚々と歌い上げる黒艶ディープハウス。ええ曲ですね。(2015)


1,500円(内税)
FRED PによるレーベルSOUL PEOPLE MUSIC。WORKSHOPでの共演以降、親交のあるMOVE Dが参加しています。強度なブギーグルーヴ、スパイラル状にに引き込まれるシンセのニュータイプ・アシッドハウス。MOVE Dからしか出ない様な音響のアイディア、相変わらずキレテマス。NY DEEP HOUSEを昇華したBLACK JAZZ CONSORTIUMも手引きシンセが心地よいです。STEVES OHはグレイトミニマル。ブラックヴァイナルでRE-PRESS。(2010)


1,500円(内税)
PEPE BRADOCKが自身のレーベルATAVISMEからリリースした2008年作品「ペペブラドックの冒険 Vol.3」再プレス。ポスト・デトロイトビートダウン(THEO PARRISHの影響が強いですね)ドラムシーケンスで見えるファンクネスと繊細音響が相まった「Mandragore」。粘着質なヴォイスサンプルエディットの不可思議トリップハウス「Hints Of Delusion」、凄いな。。ペペ冒険シリーズは全てRECOMMEND (2008)


2,300円(内税)
RADIO BOYやDOCTOR ROCKIT様々な名義を使い分けるサウンドアクティビスト Matthew Herbert、UKの名門CLEARからDOCTOR ROCKIT名義でリリースした1stリリース。装丁からサウンドまで徹底したMatthew Herbert節。(今回入荷分プレーンスリーヴです)(1995)


1,300円(内税)
裏ラベルに「アレデトロイトナンカタリナイ」とあるように、シカゴハウスの玄人Bernard Badieリリース以降、CHICAGO OLDSCHOOLなスタイルに傾倒していったと思われるMOJUBAレーベル。再びBernard Badieがリリースしています。骨みたいなジャッキントラック、今でも充分に鳴らせる、厚みが魅力的。フィートされているMuphanなるヴォーカリストのヘタウマ具合も、たまんない。グッとピッチを抑えてジャックするOracyも技ありのトラックですね。(2011)


SOLDOUT

ニュージーランド移住前、デトロイト近郊で活動していたRECLOOSEによる2002年リリース。リリース上、最も内省的な表現となったであろう1stアルバム。この後、ニュージーランドに移住して作風が変わりますが、当店はこの1stアルバムとPLANET Eからの初期リリースを推し続けます。性癖です。20年経とうと、何周しようとも、先鋭は先鋭。リズムサイエンスの実験のおもしろさが詰まった名盤だと思います。(2002)


SOLDOUT

イタリアAMAMレーベルからリリースされたアルバム「Funkoholic」からのリミックスシリーズ。このシリーズ、リミキサーが当店にはツボであります。コチラは第1弾。サンプルやシンセ、全てウォーミーな素材でビルドアップしていくCHRISTOPHER RAUのリミックス。SMALLVILLEキャンプ中核が作り出す、流石のドラマツルギー。(2013)


2,800円(内税)
最近ではCLONEのROYAL OAKでも才能を発揮していたイタリアのRIO PADICE。今回リリースのアルバムではMPCを基調としたアナログ志向のハウスをクリエイト。ポストデトロイトビートダウン、70'sの空気感に愛情を感じるサンプリングハウス。コレはとてもステキなアルバム。(2013)


1,300円(内税)
UK DISCO DUBの猛者によるユニットAKWAABAのメンバーであり「BEAR FUNK」のボスSTEVE 'FELLA' KOTEY。彼の変名義「AFROBUTT」が2001年にIDJUT BOYSのレーベル「NOID RECORDINGS」からリリースしたアフロトライバルなディスコダブ。(2001)




■最近チェックした商品

viewcart

カートを見る

other contents

コンディション表記

Link

For Overseas Customers

About Mole Music

Map

Mole Distro



■発送について
12000円以上お買い上げで送料+手数料無料。詳しくはコチラをどうぞ。



■取り置きについて
通販と店頭引渡しの取り置きを始めました。取り置き開始から一ヶ月間の取り置きが可能です。送料や発送方法など、詳しくはコチラをどうぞ。



■新品 - 中古の表記について
新品の商品はタイトル横にマークが付いています。マークが付いていない商品は全て中古商品になります。中古商品のコンディションについてはコチラをどうぞ。



■クレジットカード決済について
通販でのクレジットカード決済が可能になりました。Visa、MasterCard、American Expressのロゴがあるすべてのクレジットカードに対応しています。詳しくはコチラをどうぞ。


FXHE OMAR-S

7DAYSENT

TREASURE BOX

ROKOTSUNA MUSIC

NNN

something

comatonse recordings

kdj moodymann

Underground Quality


ENBAN


SMOOTH

ind_fris