Home - My account - Contact - Policy - Payment - Delivery - Terms - Blog - For Overseas Customers - Sweet

TOP > MOODYMANN

MOODYMANN

4,800円(内税)
デトロイトの不機嫌な男の初期カタログ。両面収録の1stプレス。MARVIN GAYEの死を伝えるラジオニュースのサンプリング、「What Going On」のコラージュ、そしてハウスミュージックへと流れる直情的なトリビュート盤。ブラックミュージックから抽出されたサムシングを「変わりゆく同じもの」としてハウスミュージックに落とし込んだ傑作。(2000)


3,800円(内税)
98年リリースKDJの17番。WALTER MURPHY「Afternoon Of A Faun」をサンプリングしてグラインド・ディープハウスに落とし込んだ傑作。オリジナルをピッチアップしてより強調したブレイクビートとベースライン。抽出、反復、リエディットの手法を応用して、カンペキなKDJ印に仕上げてます。DETROIT HOUSE CLASSIC (1998)


2,800円(内税)
KDJのこのラベルの時期はハズし無しですね。ウォーミーシンセとガヤ声コラージュ、心地よく突き抜けてくるビート「Joy Pt. II」。NORMA JEAN BELLの歌声とサックスに子供の声や鳥の鳴き声がタイトル通りのイメージでコラージュされた「Sunday Morning」。猥雑さの中にも温かみのあるデトロイトハウス金字塔。RECOMMEND (1997)


2,800円(内税)
不機嫌な男のレーベル第4弾。MARVIN GAYEをバックにKDJのいつものメンバー紹介 etc 語りからスタートする「Long Hot Sex Nights」。デフォルメされた猥雑なディスコグルーヴ、NORMA JEAN BELLのヴォーカルとサックスが蠱惑的に響くミッドナイトチューン。CAL TJADER「Mamblues」を下敷きに突き上げるグルーヴのゲトーハウスに仕上げた「The Dancer」。デトロイトハウス名作。(1995)


1,800円(内税)
ガレージ・パンク・ファンなら知る人ぞ知るGORIESのMICK COLLINSによるバンドTHE DIRTBOMBSとVoltaire BrothersがデトロイトコネクションでMAHOGANIからリリースされたという2007年リリースの怪盤。MOTOWNやCURTOM名作をカヴァーしたアルバム「Ultraglide In Black」からのカットでCURTISの「Kung Fu」を熱の篭ったダビーファンクにカヴァーしています。見逃されがちな「Runaway」の未発表バージョンも収録。(2007)


1,500円(内税)
デトロイトの不機嫌な男の初期カタログ。DERRICK MAY「Nude Photo」に対するアンサートラック。蠱惑的なディープテクノ、片面プレス。(2000)


2,300円(内税)
デトロイトのパーティーMusic Institute20周年のトリビュート/アニバーサリーシリーズ第3弾。グルーヴがプロトアシッドハウスともいえるイタロディスコ古典「Problemes D’Amour」をMOODYMANNがリミックス。グルーヴはそのままにカット&ペーストやエフェクトで微細なエディットを加えた、オリジナルへの愛情が伺えるリミックスとなっております。レジデントを務めたAlton Miller、デトロイトテクノのイノベーターJuan Atkinsの未発表音源を収録。(2011)


1,800円(内税)
ドイツのポスト・ビートダウン〜モダン・ディープハウスシーンと本家デトロイトコネクション。ORNAMENTSの第3弾。SASCHA DIVEのモダンハウスをKDJがリミックス。疾走するパーカッシブなビート、力強い女性ヴォーカル、美しいローズの音色、エフェクティブなブレイクで弾けるウィンドチャイム、やはりどこを切ってもKDJ印。後半のジットリしたアシッド・ファンクへの展開も◎。(2008)


13,800円(内税)
デトロイトの不機嫌な男、久々にアルバムを中古盤で入荷できました。最近も素晴らしいリリースが色々ありますが、なかなか入荷ができず、当店も不機嫌に追っかけています。聴けばKDJとわかる猥雑で蠱惑的なソウル表現はP-FUNKの土俵に立ちながら、既に当店のプリンス枠にまで達しており、成層圏を突き抜ける勢いで背伸びをしながら聴き続けていきたいディープなソウル/ハウスアルバムとなっています。(2014)


3,500円(内税)
鍵盤にAmp Fiddler、ベースにBubs Fiddlerを迎え、録音されたという「Its 2 Late 4 U And Me」、冒頭のアシッドファンクから、ブギーチューンへ。あんまり触れられてませんが、この曲MARVIN GAYE「Just To Keep You Satisfed」を歌ってます。RAWなサンプルとマジカルなコラージュ感覚で僅か3時間で完成させたという「Ol' Dirty Vinyl」。Mick Collinsとの再演を思わせる「No Feed Back」 (2010)


SOLDOUT

97年PLANET Eからリリースされた、数少ない303グルーヴなKDJ作品「Dem Young Sconies」の再発。リマスタリングされてレイヤーがクリアになり、絶妙なドラムシーケンスとシンセの波が際立ってます。こういったリマスタリングはグルーヴも変化するので、再解釈できますね。B/W 96年KDJリリース「The Third Track」。2009年〜2010年にDECKSがしかけた、DECKSクラシック再発シリーズ。(2010)


SOLDOUT

デトロイトの不機嫌な男の初期カタログ。デトロイトの怒りや優しさの衝動を込めたトラックが多い初期カタログですが、力強さというより儚さが際立ったゴスペルハウス、リリース当時、KDJに何かあったのかと驚いたトラック。こういった表現が同居しているのが、KDJの美しさ。ハウス国家の国宝盤だと思います。「In my life, you touch me, you're alerting me, You keep on, ya blessing me, In my darkest hours...」(2000)


SOLDOUT

URのアナザーサイドMIKE BANKSが運営していたハウスレーベルSOUL CITYからリリースされたMOODYMANN aka KENNY DIXSON Jr.の初期作品。粒子飛び散るサンプリングループが生み出す、腰にくるグルーヴはこの時期から健在。KDJには未収録、この盤にしか収録されていないヴァージョンもあるので、お見逃しなくです。デトロイトハウス古典。 (1996)


2,800円(内税)
デトロイトハウス/テクノミュージックシーンの根城となっているRICK WILHITE(3 CHAIRS)によるレコード・ショップVIBESが監修したコンピレーション。デトロイト、シカゴ、ニューヨークをジャックで繋ぐイラストが示す通り、各地のディープハウスが集っています。「Music is the Key of Life,Dancing is the Way of the World!」RICK WILHITE。(2014)


SOLDOUT

MOODYMANN KDJからの04'年リリース。Untitledでリリースされた2トラック。見事なサンプリングコラージュで構成された、高湿度のスローファンク/デトロイトビートダウンA2。(2004)


SOLDOUT

再起動したデトロイトのモンスターユニットURBAN TRIBEがMAHOGANIからリリースしたシングル。古くはMOWAXからの「The Collapse Of Modern Culture」のリリースがある、Sherard Ingramが再び、Anthony Shakir、Carl CraigそしてKDJ、デトロイトの都市種族と共にマシーンファンクを叩き出しています。B2にはKDJが313を連呼するRIOT ELECTRO。A1の音数を絞り込んだエレクトロ・ダブトラックがMAD。(2010)


SOLDOUT

96年リリースKDJの6番。「I Can't Kick This Feeling When It Hits」をワンサイドプレスでリリースした2001年リリース盤。CHIC「I Want Your Love」のサンプルが執拗かつ淫猥にループ。じわじわと開閉を繰り返すフィルターを通して、徐々に底から音の渦が蒸れはじめ、気付けば湿地帯。ほぼワンループの微細な変化で、ここまで腰にくるグルーヴをつくれるんだと、痛く感動します。デトロイトハウス金字塔。(2001)


SOLDOUT

NORMA JEAN BELLの歌声とサックスに子供の声や鳥の鳴き声がタイトル通りのイメージでコラージュされた「Sunday Morning」はKDJからのリリースとヴァージョン違い、猥雑さの中にも温かみのあるデトロイトハウス金字塔。MOODY TECHNO「Track Four」もお聴き逃しなく。(1998)


SOLDOUT

色気がある不機嫌な男MOODYMANNの4thアルバム「Silence In The Secret Garden」からの12inchカット。鈍器で殴られるようなベースラインとキック、蠱惑的なシンセやアコースティックの絶妙なバランスでグルーヴ。昼に針を落としても夜がくるような「Silence In The Secret Garden」。TERRENCE PARKERのレーベルから'95年にリリースした「Emotional Content」が収録されているのも、この盤のミソでしょうか。(2003)


SOLDOUT

デトロイトハウスの艶音枠を支えるベテランALTON MILLER、MOODYMANNのMAHOGANIからのリリース。ヴォーカルを担当するのはMAHOGANIキャンプのNIKKI-O。DEEPER SOULからリリースされているヴァージョンもスバラシイのですが、MOODYMANNファンにはKDJプロダクションのこちらのヴァージョンがオススメであります。(2003)




■最近チェックした商品

viewcart

カートを見る

other contents

コンディション表記

Link

For Overseas Customers

About Mole Music

Map

Mole Distro



■発送について
12000円以上お買い上げで送料+手数料無料。詳しくはコチラをどうぞ。



■取り置きについて
通販と店頭引渡しの取り置きを始めました。取り置き開始から一ヶ月間の取り置きが可能です。送料や発送方法など、詳しくはコチラをどうぞ。



■新品 - 中古の表記について
新品の商品はタイトル横にマークが付いています。マークが付いていない商品は全て中古商品になります。中古商品のコンディションについてはコチラをどうぞ。



■クレジットカード決済について
通販でのクレジットカード決済が可能になりました。Visa、MasterCard、American Expressのロゴがあるすべてのクレジットカードに対応しています。詳しくはコチラをどうぞ。


FXHE OMAR-S

7DAYSENT

TREASURE BOX

ROKOTSUNA MUSIC

NNN

something

comatonse recordings

kdj moodymann

Underground Quality


ENBAN


SMOOTH

ind_fris