Home - My account - Contact - Policy - Payment - Delivery - Terms - Blog - For Overseas Customers - Twitter

TOP > Detroit House / Techno

Detroit House / Techno

1,500円(内税)
デトロイトテクノ・オリジネーターDERRICK MAYがプロデュース、カナダはトロントのアーティストGREG GOWがTRANSMATからリリース。TRANSMATの精神性を引き継いだポスト・デトロイトテクノ。フロアにしっかりと突き刺さります。昨今のアーティストで言えばAmir Alexanderが好きな方にもお薦めしたい一枚です。(2011)


1,500円(内税)
CARL CRAIGがフックアップし、90年代後半に素晴らしいトラックをたくさんリリースしてくれたNick CalingaertことCOMMON FACTOR。アシッドハウスやサンプリングを交えたニューハウスのようなグルーヴ、そしてデトロイトテクノ影響下のシンセワークが同居した、ハイブリッドなハウストラック。こういうグルーヴってなかなか出会えないんですよね。(1999)


1,600円(内税)
2000年代初期にデトロイトのREGINALD CRAIGが運営していたセルフレーベルと思われるSOLO WORK。ホイッスルの下をアシッドベースが蠢くA1「Sittin' On Wet Grass」,ブリーピーなシンセがナイスなエレクトロB1「Water Mark」。情報少なめのデトロイトのテクノレーベル。(シンドウ)(2001)


SOLDOUT

RECLOOSEの1stシングル。移住前、まだデトロイト郊外で活動していた'98年リリース。B-BOY HOUSEなサンプリング中心のマシーンファンク。グイグイ腰にくるグルーヴ、「MYM230」はデトロイトハウスのマスターピース。Aサイドの「Dislocate」も今聴くとユニークなアイディアで溢れていますね。サンドイッチにデモを挟んでCARL CRAIGに渡したという有名な逸話通りのジャケもオモロです。(1998)


1,500円(内税)
CARL CRAIGのPAPERCLIP PEOPLE名義のプロジェクト。かなりわかりにくいサンプリングですが、LOLEATTA HOLLOWAY「Hit N' Run」を下敷きにグラインドしながら、じわじわと上昇気流にのる流石のトラックメイク。テクノ/ハウスジャンルを超えてプレイされていたCARL CRAIG古典「Throw」。Bサイドには問答無用の「The Climax」。(2004)


SOLDOUT

Planet E - DEEP HOUSE - CARL CRAIG EDIT (2000)


SOLDOUT

19歳の時にDERRICK MAYのスタジオで制作したそう。BFC a.k.a CARL CRAIGによるDETROIT TECHNO CLASSIC。粗ぶるドラムマシーンと物悲しいダークトーンと吹っ切れたスペーストーンが入り乱れるシンセワーク。色褪せることのないカッコイイネス。 (1990)


SOLDOUT

Theo Parrish - DJ Genesis - Tony Ollivierra Remixes。THEO PARRISH remixは自身のプレイやMIX-CDでも登場していた、執拗なリフレインに徐々に込み上げてくるDet-House名曲。今聴くとDJ GENESISのセルフリミックスもグッとくるなあ


1,600円(内税)
デトロイトの不機嫌な男の初期カタログ。DERRICK MAY「Nude Photo」に対するアンサートラック。蠱惑的なディープテクノ、片面プレス。(2000)


1,900円(内税)
CARL CRAIGとの共同制作、CHAZ VINCENTの唯一リリース盤。剥き出し粗ごなしなバウンスビートに凶暴なベースライン、夢の天頂に向かうシンセリフレインがグッとくるRAW & LOW HOUSE「Dream Zenith」。CARL CRAIGらしい不可思議な揺らぎのスペーストーンが鳴り響く「Dream Wave」など、当店は両面末永くお世話になっております。(1998)


1,500円(内税)
DJ ROLANDO在籍時のLOS HERMANOS。最近M.PITTMANのミックスを聴いて再度ヤラれた1枚。なんとも味わい深いメロウ & ディープネスが詰まったデトロイトテクノ。このドラムのタイム感とメロデーはデトロイトテクノがだけが持ちえる、マジックなんでしょうかね。都市種族が成層圏を一気に突き抜ける術。(2002)


SOLDOUT

Gichy Dan「On A Day Like Today」のキッズコーラス部分をサンプリングした「Friendly Children」、和やかなムードのサンプルとブーストギリギリの轟音キックが荒れてはブレるグルーヴに何度やられたことでしょうか。これぞSOUND SIGNATUREなローファイ・コラージュとマイナーコードで淡々と打ち付けるビートダウン「Timeislafinacharunninout」。こちらもピッチアップしてからの展開が相当捩れています。(2003)


1,300円(内税)
DJ ROLANDの「KNIGHT OF THE JAGUAR」が大ヒットした当時ドイツのSONYが無許可で丸パクリした楽曲をリリースしたことに対しMADMIKEが猛抗議、JEFF MILLS、OCTAVE ONEらと怒りのメッセージを込めてリリースしたのがこの盤「REVENGE OF THE JAGUAR」。世界中のDJ、トラックメーカー達がURをサポートし結果、SONYドイツから公式な謝罪と販売差止に成功したそうです。(シンドウ)


SOLDOUT

デトロイトの不機嫌な男の初期カタログ。Curtis MayfieldやBionic Boogieなどブラックミュージックから抽出されたサムシングを「変わりゆく同じもの」としてハウスミュージックに落とし込んだ傑作。もう20年以上経っていますが、錆びれないディープネスとは正にこのこと。ハウスの黒を知るには決して外せない盤です。2000年リリースのドイツ盤。(2000)


1,500円(内税)
THEO PASRRISHとM.PITTMANのスプリット。アコースティックの有機的な響きと掛け合うノンクオンタイズで打ち込まれるドラムがRAWなグルーヴを生み出す傑作。M.PITTMANは元MEMBERS OF THE HOUSE、今でも活動を続けるBill Beaver a.k.a BILLY LOVEフィート



SOLDOUT

デトロイトの不機嫌な男の初期カタログ。ブラックミュージックから抽出されたサムシングをハウスミュージックに落とし込んだ傑作。プリンスのアルバム「1999」から「All The Critics Love U In New York」をサンプリング。なんだこのファンクネスが反復する壮絶なカッコイイネス。数々のフォロワーを生みましたが、このグルーヴはこの人からしか出せないですね。(1997)


SOLDOUT



SOLDOUT

LUKE HESSとのユニットREFERENCEでもお馴染みBRIAN KAGEが単体でOMAR-SのFXHEからリリース。OMAR-Sも来日時にプレイしていたというFIRST CHOICE「It's Not Over」直球サンプリングのB1は夜の帝王感出ています。個人的にはオールドスクールな90'sテクノ志向なB2もツボりました。ジャケのデザインもナイスです。(2015)


1,500円(内税)
90年代初頭からデトロイトでレーベル始動後、ブレないベクトルでリリースを続けているDerrick Thompson a.k.a DRIVETRAINのSOIREE。アシッドは歌でありトラックであり愛である。つまるところ3リミックスを収録しています。




■最近チェックした商品

viewcart

カートを見る

other contents

コンディション表記

Link

For Overseas Customers

About Mole Music

Map

Mole Distro



■発送について
12000円以上お買い上げで送料+手数料無料。詳しくはコチラをどうぞ。



■取り置きについて
通販と店頭引渡しの取り置きを始めました。取り置き開始から一ヶ月間の取り置きが可能です。送料や発送方法など、詳しくはコチラをどうぞ。



■新品 - 中古の表記について
新品の商品はタイトル横にマークが付いています。マークが付いていない商品は全て中古商品になります。中古商品のコンディションについてはコチラをどうぞ。



■クレジットカード決済について
通販でのクレジットカード決済が可能になりました。Visa、MasterCard、American Expressのロゴがあるすべてのクレジットカードに対応しています。詳しくはコチラをどうぞ。


FXHE OMAR-S

SEX TAGS

ACIDO

SUED

KLASSE

something

comatonse recordings

kdj moodymann

Underground Quality